婦人

早めの予防が命を救う│血栓は血液をサラサラにする脂質を含む青魚

野菜不足を解消するために

沢山の野菜とドリンク

飲みやすい原材料

健康に良いことはわかっていても、青汁独特の野菜の青臭さのために飲み続けるのをためらっていた人は、大麦若葉を主原料にした青汁を飲んでみることをお勧めします。従来主流たった青汁の主原料は野菜の王様とも呼ばれるケールでした。ケールは栄養も食物繊維も大変豊富で野菜不足の現代人には最適な食材です。しかし、青臭さや苦みがありました。一方、大麦若葉には、ケールのような青臭さも苦みもなく、子供でも無理なく飲むことができます。大麦若葉の栄養素に関してもケールに匹敵するほどの種類と量を誇ります。βカロテンやビタミンKや鉄分はケールよりも多く含まれています。また不溶性の食物繊維が大麦若葉には多く含まれていて、腸内環境を整えて、空腹を感じにくくする効果があるためダイエットを考える人にもお勧めします。

人気を二分しています

一昔前までは青汁というとケールで作られたものがほとんどでしたが、現在ではケールと大麦若葉が人気を二分しています。青汁が一般化したこともあって、無理せずに健康づくりができる青臭さがない大麦若葉を使った青汁の割合が上昇することは明確でしょう。青汁を飲む理由は野菜不足を解消することが大きな目的でしたが、現在では青汁を使ってダイエットやアンチエイジングが実践されています。大麦若葉には、抗酸化物質のSODとイソビテキシンを含み、老化の原因になる活性酸素を除去してくれます。また、豊富に含まれる食物繊維は、肥満やコレステロールや血糖値の上昇を抑制してくれます。粉末や錠剤にした場合でも少量でも十分な量の食物繊維を摂取することができます。